Aquariumロゴ
「熱帯魚 病気」
に関連するツイート
Twitter

熱帯魚の病気について

熱帯魚と言っても非常にきれいな見た目をした種類がたくさんいます。
熱帯魚の病気の多くは、水質や水の温度水の汚れから起こります。
様々な掛かりやすい病気がありますが、特に多くみられる症状が、エロモナス感染症と、白点病です。
これらの症状は見た目で判断できるものなので、発見しやすいです。
しかし、これを放っておくと、手遅れになってしまうことがあるので、しっかりと日ごろからの健康チェックが必要です。
そして、感染率も高い病気も多くあるので、これらにかかってしまった個体を見つけた場合は、すぐに治療してあげることが大切であり、それに加えて、水槽を常に清潔に保っておくことも忘れてはいけません。
何日につき何回水を交換するという決まりを作るのではなく、水の状態を見て、濁っていたら換えたり、苔が増えてきたら取り除いたりする、エアポンプが正常に動いているか点検するなどといったような事をこまめにやっていくことが求められます。

熱帯魚はエサの食べ残しで水質悪化させると病気しやすくなります

熱帯魚で多く見られる病気は白点病です。
原因はエサを与えすぎで水が腐敗していったり、急激な水温の変化で体力が弱ってきた場合に見られます。
フィルターを入れておけば水の汚れは改善しますが、長時間掃除をしなかったりフィルター内から臭いがするようになってくると、病気が発生しやすくなります。
砂利を敷いている場合には底に蓄積されて溜まっていった魚のフンや食べ残したエサが、水質を悪化させていることもあります。
白点病のときは魚のウロコに白い点が目立ち始めてきます。
体力がないと数日で亡くなることもあるので、白点病を発見したら別の水槽に隔離するようにして、他の魚に拡がらないようにします。
水換えをすれば治っていきますが、他の魚にも白点病が拡がっていったら、熱帯魚専用の治療薬があるので水槽内に入れてしばらく様子を見るようにします。
水温をいつもより高くして30度近い状態にしておくと治ることもあります。
水質の悪化で病原菌が発生しやすくなるので、エサを与えるときは食べきれる量にしておくようにしましょう。

注目サイト

湘南でリフォームを考える

最終更新日:2018/4/25

▲トップへ